TiTech Linguistics D

2020-4Q Monday 5.6 Zoom Linguistics A (LAH.T109)
Tokyo Institute of Technology [Syllabus]

Linguistics A (LAH.T109): Truth of Daily Language



Class 1: 2021.12.06 Language in daily life: 日常に見られる言語

  1. コミュニケーション、実習の都合上、授業受講者もカメラオンで行います。カメラのご準備をお願いいたします。準備できない時は、あらかじめご連絡ください。この授業は録画を行いません。
  2. この授業は、月5-6昼時間帯(12:35-14:15)に行います。
  3. 授業ではブレイクアウトルームを複数回いたします。参加可能な機器をご使用ください。
  4. 授業中、映像資料、pdf資料を用います。手元でごらんになれますようご準備ください。
  5. このクラスは学士課程100番台の文系教養科目です。
  6. このクラスではディスカッションは必須です。
  7. 出席の他に口述試験と研究レポート発表が単位の要件となります。
  8. 受講を希望される方は、[シラバス]をよくお読みください。
  9. これが教科書。生協で売っています。これをずっと使います。このクラスは教科書を使います。試験はこの範囲から出します。
    「よくわかる社会言語学」田中春美・田中幸子編著(ミネルヴァ書房)
  10. 試験の他にレポート課題もあります。
  11. レポート課題の前にプレゼンテーション(ポスター)もあります。
  12. 本日の資料 [pdf]

Class 2: 2020.12.14 Bilingualism: 二言語・多言語の使用

Class 3: 2020.12.21 Dialects: 方言

Class 4: 2021.01.14 Language Changes: 言語の変化

Class 5: 2021.01.18 Register and Style: 使用域と文体

Class 6: 2021.01.25 Competence and Performance: 言語能力と言語運用

Class 7: 2021.02.01 Poster Presentation: 論文発表会

Misc. 8: 2021.02.01 Construction of Lecture: 講義の構造

Repo. 9: 2020.02.08 Final version Submission Dead Line: 最終版締切

最終版執筆上の注意事項

  1. タイトルは明確に、疑問文や「について」は改めること。
  2. テンプレートにしたがって書かれていないものは不合格とします。
  3. 文献のリストを明記し、引用は必ず行うこと。
  4. URLは変更の可能性があるものであるので、文献に含めてはいけない。
  5. 自分による調査・実験のないもの、文献から引用したもの、他の論文を要約したものは不合格とします。
  6. 書籍の引用の場合には、当該記載のページ数も書くこと。たとえば、その主張が、田中太郎の2016年の文献の18ページにあるものなら(田中 2016:18)と、その関係する文章の「。」の前に書くこと。論文の場合も同様。
  7. 表は横罫線のみ、タイトルは上に、図はタイトルを下に、それぞれ単独の図・表でも意味がわかるように、タイトルに続けて説明を書くこと。テンプレートの表の書き方例をよく見ること。
  8. ポスター・論文に「と思う」と書いてはならない。
  9. 結果では、「結果は表のようになった」のように、表・図を載せただけで終わっていたら、減点する。見てほしいところ、平均値・偏差・中央値など注目すべきところ、特徴は記載すること。
  10. ポスター・論文では、箇条書きは使えない。
  11. ポスター・論文では、円グラフは基本的に使わない。
  12. ポスター・論文執筆上の注意事項は随時更新いたします。

(c) 2016-20 Hilofumi Yamamoto All rights reserved.